たかはし整骨院トップページ お問合わせ
HOME>柔道整復術とは

 
柔道整復術(接骨・整復術)は、日本独自の治療技術であり、日本の伝統医療です。
柔道整復術(接骨・整復術)は、骨折・脱臼・捻挫・打撲・挫傷などを手術をせずに整復や固定を行い、人間の持つ自然治療力を最大限に発揮させる治療術です。


ルーツは戦国時代の武術
柔道整復術(接骨・整復術)の源流は、戦国時代の武術にたどることができます。
武術には「殺法」(敵を殺傷する技)と「活法」(外傷を治療する技術)があり、「殺法」と「活法」は時代とともに発展・変遷をとげました。これらのうち「活法」が発展して現在の柔道整復術(接骨・整復術)ができあがったといわれています。
 
症状の根本的原因を正す
「手当て」の語源は、病気やケガをした際、患部に手を当てて治療したことからといわれています。また、「前もって準備しておくこと」「事態に応じて処置すること」の意味もあります。当院は、患者様の症状の根本的な原因を正し、二次的な疾病の予防にも力を入れています。西洋医学、東洋医学両面からアプローチし、様々な症状に対応し、一人一人に合った治療を行ってまいります。
 
ホーム
当院紹介
院内紹介
診療案内
柔道整復術とは
お問合わせ・交通案内
 
 
たかはし整骨院では
「柔道整復師」
随時募集しております!
詳しい内容は お気軽に
お電話でお問い合わせください。
 
 
    ページ先頭へ戻る
 
HOME当院紹介院内紹介診療案内柔道整復術とは交通案内お問合わせ